○スタジオスタッフコラム○ 弾き語りの話④ (ビギナー向け/鏡と電気の話)

///○スタジオスタッフコラム○ 弾き語りの話④ (ビギナー向け/鏡と電気の話)

こんにちは。クロキです。
文化祭シーズンらしいですね。
もう終えた方は、練習の成果を思う存分発揮できましたでしょうか。
これからの方も楽しんで頑張ってください。
楽しそうだなぁ。いいなぁ!

我が強くて頑固者なのでバンドで活動するのは無理……と思い続け、
おそらく事実その通りの私から、今日も一人でできる弾き語りのお話です。

 

弾き語りの皆さん、リハーサルスタジオ、活用していますか?

 

ピアノ弾き語りで家にピアノがある方、
ギター弾き語りでアコースティックギターしか使わない方は、
家でしか練習しない、という方も多いのではないでしょうか。

誰かと時間を合わせる必要もないし。
出掛けたくないし。
引きこもり万歳!

しかし、ライブで歌っていきたいのなら、
ぜひスタジオで本番に近い練習を、いや、
本番よりもシビアな練習を!
していきましょう!

 

パプリカミュージックスタジオは、
A、B、Cスタジオ全て完全防音の二重扉で、
がっつり集中して入れます。

私も数日に一度、2~4時間ほど練習に来ます。

 

歌も楽器もPAを通すとどう聴こえるのかを感じると、
生音のときとは演奏の仕方も少し変わってきます。

生音のときと、音のしっかり出るライブハウスのときと、
一番自分がしっくり来る演奏の仕方を知っておけるといいですね。

 

また、スタジオ練習で実は効果的に活用できるポイントが、

「鏡」と「電気」。

 

A、B、Cスタジオには、全身映る大きな鏡があります。

立ち姿、演奏する自分を見たくなくても見ながら、
一番チェックしたいのは、歌うたいとしてはやはり、口。

私はボイトレの専門家ではまったくございませんが、
一時期は定期的なレッスンに通っていました。

実力派ボーカリストみたいな歌い方はできないししないのですが、
「個性」が「悪い癖」になってしまうのはやはり望ましくありません。

 

鏡を見て、口の開き方を意識します。
母音の「a i u e o」の形をわざとらしいくらい大きく動かしたりします。

時おり変顔を混ぜたりしても、誰も見ていないので安心です。

 

ただ、毎回必ず鏡を見続けて練習するのは、実は弾き語りの思わぬ落とし穴。

無意識に、鏡越しの手元を見て演奏してしまうんです。
鏡がなくなったらギターが覚束なくなることが多々ありました。

鏡をガン見するのは決めた時間内だけがいいかもしれませんね。

 

そしてもう一つ、「電気」

 

ライブ直前の練習、私は、完全に真っ暗にしてやっています。

 

窓もない完全防音室ですので、明かりは機材のスイッチのランプくらいで、
本当に真っ暗になります。何かの儀式のようです。

誰かに見られたら慌てて弁明してしまいそうですが、
でも誰も見ていないので安心です。

 

手元・足元、目が慣れれば少しは見えるのですが、
ほとんど見ない状態でやります。

視界が奪われると、耳も、指も、感覚が冴えます。
音の世界!楽しいです。

 

部屋の中央で演奏するのが音響的にはベストなのでしょうが、
敢えて、私は部屋の端から広いほうに向かって歌うことをおすすめします。
そうして声を投げるほうが、ライブの感じに似ています。

 

ストイックにやってみたい皆さんは、
容赦なく自分の視界を奪って練習してみてください。
「ステージは明るいから演奏しやすいなぁ!」
って思える日も来るかもしれません。

 

以上、自分をいじめがちなクロキの練習風景をご紹介致しました。
是非スタジオで、人目も音漏れも気にならない濃密な時間を!

 

パプリカミュージックスタジオでは、
1時間600円~800円で個人練習(1名様)を受け付けております。
(前日21時以降予約可能)

おまちしてます

 

ーーーーーーーーーー

コラムネタ募集中……

弾き語りをやる上での悩みや疑問、
ライブをやる中での裏の話など、
聞いてみたいことを教えてください。
本当に裏の話は言えなかったらゆるしてください。

パプリカミュージックスタジオTwitterより!
DMやリプライでどうぞ!
→ Twitter パプリカミュージックスタジオ

ーーーーーーーーーー

 

By |2018-09-12T12:40:57+00:009月 11th, 2018|Categories: スタッフブログ|0 Comments